6回目増刷:担当になったら知っておきたい「プロジェクトマネジメント」実践講座

皆さんこんにちは!日本プロジェクトソリューションズ代表取締役社長の伊藤大輔です。
引き続き、多くの皆様がこのブログをご覧いただいており、心より御礼申し上げます。

本日は2017年2月1日に全国発売しましたプロジェクトマネジメントの実践的書籍「担当になったら知っておきたい『プロジェクトマネジメント』実践講座」(日本実業出版)について、第6回目の増刷となりまして、皆様への感謝と御礼の意味を込めてブログを書かせていただきます。

多くの関係者様に感謝いたします。

本書は現在、大学院や大学の教材としてもご利用いただいております。また、多くの企業様で本書を教科書としてご利用いただいております。
心より御礼申し上げます。

ランキングをいただきました。

本書は「プロジェクトマネジメント」の実践書というニッチな書籍でありましたが、大変光栄なことに、発売以降、多くのランキングをいただきました。
改めまして皆様に深く御礼申し上げます。

– Amazon 「プロジェクトマネージャ」ランキング1位
– honto 「経営実務ランキング」1位
– 八重洲ブックセンター「Weekly Top10」2位
– 丸善・丸の内本店 「週刊ベストランキング」5位

私が起業した理由のひとつとして「日本におけるプロジェクトマネジメントの普及と活用」がありました。
日本でもっとプロジェクトマネジメントの知識と技術を普及させ、活用いただき、グローバルビジネスでよりプレゼンスをあげるご支援をしたいという志です。

今回の出版で、その志をひとつ形にできましたことを、重ねて御礼申し上げます。

実践的内容と国際規格(ISO21500:2012)準拠

今回の執筆でこだわったことは、「分かりやすい」こと、そして「国際規格に準拠している」ことです。

プロジェクトマネジメントの知識と技術は年々高度化しています。一方で、高度化しているために「とっかかりにくい」知識と技術となってきています。そこで、私としてはもっと多くの方にプロジェクトマネジメントのすばらしさを知っていただきたいと思い、「まず担当になっったら最低限ここは実践してほしい」をテーマに分かりやすく書き上げました。

本書を活用いただき、プロジェクトを経験いただき、さらなる高度な知識と技術を学んだり、国際資格であるPMP®の取得にチャレンジいただけますと幸いでございます。

ケーススタディと実践的ツールの無料プレゼントを継続します

「実践的」で言えば、本書では、読んでいただいた知識と技術の「腕試し」ができるケーススタディ(ビジネスストーリー)がついています。
さらに、本書で扱っている様々なプロジェクトマネジメントツールの一部を読者特別特典として無料で配布しています。
最初は出版記念のプレゼントでしたが、感謝を込めて、ツールの無料プレゼントを現在継続しております。

是非、学んだことを体感し、プロジェクトマネジメントを体感いただければと考えております。

Amazon専用サイト

本書が皆様のプロジェクトの成功率向上、キャリアアップ、スキルアップにつなげていただけますと幸いです。

Amazon専用サイトは<こちら>をクリックいただけますと幸いです。

 

広告