カテゴリー別アーカイブ: 03. 独自知識体系「3ステージ・プロジェクト™」

日本プロジェクトソリューションズの独自知識体系「3ステージ・プロジェクト™」に関連する日常の話題や追加情報を配信します。

プロジェクトマネジメント,計画,PMP,受験,資格,支援,サポート,勉強,学習,法,合格,方法,

仕事での計画力UPの思考法:「制約」を上手く利用し計画する

皆様、こんにちは。日本プロジェクトソリューションズグループの伊藤です。
弊社研修の受講者の皆様から、研修前にこんな声をよく聞きます。
・仕事で計画を立てるのが苦手。
・何を先に決めたらいいのかわからない。
目標設定力、計画力、実行力という仕事の基礎力を向上させる学問がプロジェクトマネジメントです。
プロジェクトマネジメントのプロフェッショナルからすると、これらの課題自体が課題解決のひとつとなります。 結論から申し上げると、、、
・何を先に決めたらいいのかわからない。

・逆に何かを先に決めると全てが決まる。
ということについご説明させていただきます。

不自由(制約)を利用するテクニック

「目標を設定し、それを期限内に達成させる」活動であるプロジェクトには必ず「制約」があります。
例えば、簡単なところで、「コストを無限に使っていい」プロジェクトなんて滅多に存在しないわけです。
この場合、コストが制約条件になることが多いです。コストの他に、時間の制約、資源の制約、リスクによる制約など必ず制約があるのです。
また、コスト、スケジュール、リスク、リソース(資源)はそれぞれリンクしています。
例えばリスクを下げるためにリスク対応をすればコストが上がりますし、計画よりも短くタスクをこなそうと思えばリスクが発生することがあります。
これらにバランスを取りながら目標を達成していきます。
つまり、「どうしようもない最大の制約」や「一番重要な要素」を確定してしまえば、他の要素は必然的に決まってくるという考え方です。
例えば、100万円しか予算が無く、それが最大の制約で且つ一番重要な要素であれば、100万円で最大限の目標を達成させる計画を作るしかありません。
コストが100万円と決まれば、必然的にスケジュールや資源、リスクも決まってきます。
このバランス感覚を身につければ、無理や無駄の少ない目標設定や計画ができます。

不自由(制約)から計画を立てるのがコツ?

「制約」についてもう少し分かりやすくお話をさせていただきたいと思います。
例えば、人生のひとつのイベントである結婚式を例にあげてみましょう。
例えば、どうしても「このチャペルで結婚式を挙げたい!」となれば、必然的にチャペルという資源が決まります。
これが制約となり、したがってこのチャペルで結婚式をするコストや、スケジュール、リスクが決まってきます。
例えば、結婚式を挙げたいが100万円未満で実行したいという制約があれば、100万円未満で結婚式を挙げられる式場が探せて、式場を決めればスケジュールやリスクも決まってきます。
これが制約を利用した計画です。

皆さん、「決断」という言葉を聞いたことがあると思います。
「決断」は「断る事を決める」と書きます。
計画力を格段にUPさせるには、一番重要な要素とその制約をまず決めることが極めて重要です。
ひとつの制約を確定させると芋づる式にあらゆる要素が確定します。
ぜひ素晴らしい計画力を身につけてください!

【PR】PMP®、CAPM®、資格取得支援

PMP®やCAPM®の受験申請、学習方法、レジュメの英訳でお困りですか?
日本プロジェクトソリューションズ株式会社では多くのPMP®/CAPM®受験者を支援してきた実績と経験をもとにコストメリットの高い多様なサービスをご提供しております。 特に「英語で断念するなんてもったいない」をモットーに皆様のプロジェクトマネジメントの国際資格取得を支援しております。是非、専用ページをご覧ください。
専用ページはこちら⇒ http://www.japan-project-solutions.com/#!pmp-capm/c1kgu

【日本プロジェクトソリューションズ関連公式サイトはこちら】
■当社公式サイト
Website: www.japan-project-solutions.com
Facebook: http://www.facebook.com/japan.project.solutions
Blog: https://japanprojectsolutions.wordpress.com
Youtube: http://www.youtube.com/user/JapanPRJSolutions

伊藤大輔ビジネス研究所: http://www.ito-biz.com/

PMP, CAPM, PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。