カテゴリー別アーカイブ: 08. MBA

MBA取得にご興味のある方に情報を配信します。

強烈な「課題」から生み出される「目標」

こんにちは。
日本プロジェクトソリューションズ株式会社代表取締役社長の伊藤でございます。

今年も4月が近づき、新生活が始まろうとしています。
今回は、目標設定のコツをお伝えしようと思います。

また、今回記載する内容は、弊社で多くのお客様が抱える悩みでもあります。
ぜひご参考にしていただけましたら幸いです。

目標設定できない、目標を設定してくれない。

個人でも法人でも、「目標設定ができない」、もしくは特定の相手が「目標設定をしれくれない」、または相手が自分が考えている「目標を設定してくれない」という悩みがあります。

個人の場合、例えば、「今年はダイエットしよう」、「●●の勉強をしてみよう」と思ったとしても、具体的な目標を設定せず、行動に移らないなどです。

法人の場合、例えば、「上司から●●を改善して欲しい」と言われたが具体的に何をすれば良いか目標が設定できない、もしくはあなた自身が上司ならば「部下に●●を改善して欲しいと伝えたが、まったく違った目標を設定してきた」などです。

このような課題や悩みをお持ちの個人や法人は意外にも多いのです。

「目標設定ができない」のは「目標設定する必要が無い」から。

目標設定の悩みをお聞きしていると、これが目標設定ができない理由は大きく2パターンがあり、それがこの悩みの大半を占めています。

  • 目標設定をする必要が無い。
  • 目標設定をする必要性を理解していない。

「課題」が無いから「目標設定」ができない。

では、なぜ「目標設定をする必要が無い」、または「目標設定をする必要性を理解していない」事で、目標設定ができないのでしょうか。

本質は、「課題」が本人に無い、または「課題」を本人が感じていないからです。

例えば、先ほどの個人の目標設定で「今年はダイエットしよう」という例をあげました。
あくまでも極端な例ですが、「自分の周りがダイエットをしているから、今年はダイエットをしよう」というのと、「医師からダイエットをしないと余命が短くなると宣告されたから、今年はダイエットしよう」というのでは明らかに目標設定をし行動に移す可能性が変わります。

つまり、「課題」があれば、それを解決しようと「目標設定」をするのです。
逆に言えば「課題」が無ければ、解決するコト自体なく「目標設定」すらする必要が無いのです。

次に法人での場合です。
法人の場合、人事の方や事業運営責任者の方が「従業員が目標設定してくれない」という悩みがあります。

この場合においても、「そもそもの課題が無い」もしくは「課題を従業員に伝えられていない」という事があります。

経営層に近くなればなるほど、会社の課題はリアリティを持って実感し、課題を理解できますが、経営から離れれば離れるほど、この実感しづらくなるのが組織です。
したがって、従業員は課題感が無く、目標設定をする必要が無く、目標設定しない、もしくは課題を適切に理解していないため、目標設定が望んだ方向性ではないことがほとんどなのです。

我々は、現在、生命の危機にさらされることはほとんどありません。
したがって、強烈な課題を感じる事はあまりありません。
だからこそ、課題を認識し目標設定自体が難しい時代でもあるのです。

自己成長をさせる「目標設定」は「課題探し」から。

このような、課題を認識し、目標設定自体が難しい時代でも、成長する個人や法人はしっかりと課題感を持ち、それを解決する目標を設定し、行動に移しています。

これらの個人や法人は以下2点を適切に行っている傾向があります。

  • 課題を認知する。
  • 課題感・課題解決する意思を持つ。

個人の場合、例えば、スポーツ選手の試合後のインタビューで「今回の試合では負けましたが、課題が見つかったのでそこを修正して次にのぞみたいと思います」などと言っている事があります。
これは、実績を振り返り、課題を認知し、自分の次の目標設定をしているのです。

また、それに課題感を持ち、課題解決する意思を持っているのです。

法人の場合、経営、事業責任者が本質的な課題を絞り、それを従業員に伝え続け、方向性を示し続けている事があります。
従業員に課題が浸透するまで、あらゆる手段を講じて、課題を伝え続けているのです。

「目標設定」で大きな差が出る時代。

先ほど、「我々は、現在、生命の危機にさらされることはほとんどありません。したがって、強烈な課題を感じる事はあまりありません。だからこそ、課題を認識し目標設定自体が難しい時代でもあるのです。」と述べました。

逆に言うと、課題を認識し、目標設定し、行動し続ける事で、他と大きな差が出る時代でもあります。

新生活、新事業年度の開始です。
本稿が、皆様の目標設定のひとつの観点にしていただければ幸いでございます。

【PR】スマホで学べるMBA関連映像eラーニング

米国PMI®の認定教育プロバイダー(Global Provider)の日本プロジェクトソリューションズがお届けするPMP®資格更新eラーニング。PDU発行対象のeラーニングです。PMP®更新時にMBA(経営管理)のコンテンツが学べます。映像型eラーニングでテレビを見ているように学べます。修了書発行。領収書発行。即受講可能。銀行振込/クレジットカードのお支払可。ぜひ一度専用サイトをご覧ください。

弊社専用サイト:https://www.japan-project-solutions.com/jpsel